子供の矯正治療(6歳~)

歯の交換と顔の成長を優先させる(初期治療:6~8歳)

上あごと下あごの前歯・奥歯が子供の歯から大人の歯に入れ替わる年齢です。この時期に上の前歯が重なってきたり、出っ歯や受け口である場合、上あごや下あごに取り外しのできる矯正治療装置を装着し、顎の横幅を広げたり、前後的なかみ合わせのズレを改善します。

「初期治療」の後は、横の歯の生え変わりを観察し、続いて永久歯列期の治療がスムーズにできる様に準備をします。米国矯正歯科学会では、どんな子供でも7歳までに矯正専門医の診察を一度は受ける様に推奨しています。

美しい歯並びと正しい咬みあわせに(包括治療:10~12歳)

乳歯が抜ける直前くらいに、永久歯列をきれいに完成するための包括治療を行います。この時期が最適な理由は3つあります。

治療中に永久歯列が完成すること
最後に残る乳歯はその後から生えてくる永久歯よりも少し大きいのです。ですから最後の乳歯が抜けたときに、このスペースを利用することができます。放っておくと、奥歯が手前に寄ってスペースがなくなってしまいます。
顔面骨格の前後的成長が旺盛な時期で、成長を利用できること
思春期性成長の時期は、子供の顔から急速に大人の顔に変化していきます。その変化を利用する事で治療がスムーズに行われます。
精神的に素直で自分の意志をはっきり持てる時期であること
矯正治療はドクターに任せきりではなく、患者さん自身の協力が必要な治療。いわゆる思春期に入るとなかなか治療への協力が得られない事があります。精神的に素直な時期に開始する事で、思春期に入る時期には矯正治療も仕上げの時期に入ることができるのも大きなメリットです。

中高生の矯正治療(12歳~)

身体も第2次成長期のスパート時期に入ります

中学生から高校生位の年齢になると永久歯はほぼ揃って、ブラケットを着けて行う本格的な矯正治療をスタートする時期となります。成長期のため、細胞の活性も高く、歯を動かす矯正力にも反応が良い時期です。個人差はありますが、残っている顎の成長を治療に利用できる有利な時期でもあり、これが大人の方との一番の違いになります。

また、成人前のこの時期に矯正治療を通してブラッシングや口腔衛生の習慣を身につけることで、良い歯並びと健康なお口で生涯にわたって食事を楽しんでいただけると思います。矯正治療を行うことにより、ご自身の笑顔に自信を持つことができ、対人関係にも大きなプラスとなる事でしょう。

高校受験や大学受験など勉強も忙しくなり、部活動などにも忙しい時期でもありますが、将来の夢に向かって、この時期に矯正治療を受けることは大きなメリットがあると考えます。

大人とシニアの矯正治療

大人の矯正治療3つのメリット

コンプレックスの解消
ずっと治療するかどうか悩んでいる方も多いと思いますが、矯正治療を行うことによって口元に自信をもち、笑ったり、話したりが楽しくなる方が多いです。
歯磨きがしやすくなり、虫歯や歯周病が予防できる
歯並びが悪いと歯が重なっている部分にプラークが溜まり、虫歯や歯周病になりやすくなります。歯磨きやデンタルフロスなどもやりにくく、口臭の原因にもなります。
矯正治療後、今ある歯を長く使える

虫歯による詰め物や被せ物を歯並びが悪い部分に無理に行うと、将来的に歯の再治療や歯を失ってしまうリスクが高くなります。そういった意味でも、矯正治療は見た目の改善だけでなく、ご自身の歯を長持ちさせることのできる治療でもあるのです。

矯正治療は何歳からでも可能です

50代、60代以降の方でも、問題となっている部分を部分的に矯正し、良い歯並びにする事でその歯だけではなく周囲の歯も長持ちします。矯正治療をしたことにより、歯の咬み合わせが良くなり、見た目だけではなく老化のスピードを遅らせる事につながるのです。

お仕事をされていたりすると、矯正中の見た目が気になるところですが、今は矯正装置も色々なものがありますので、個人個人に合った矯正の仕方がきっと見つかります。

さらに、歯並びをなおすと歯磨きがしやすくなり、虫歯にかかりにくくなります。中・高年の方々が以前に比べて若々しくなり、行動的でおしゃれになっている現代、歯並びもきれいにして、さらに素敵なシニアライフを目指しましょう。矯正は何歳でも可能です。

歯の修復治療のための矯正治療

専門医との密接な連携

当クリニックでは、虫歯・歯周病・顎関節症治療など、それぞれの分野の専門医と密接に連携しております。虫歯治療や歯を失ってしまった場合に補う治療(被せ物を入れる治療など)を行う前に、歯を起こしたり隙間を確保したりするため、部分的(全体的)に矯正装置を装着し、歯を移動させる方法なども行っております。

この場合、専門医との連携を密に行い、トータルな診査結果を総合して判断し、矯正治療を開始する前に十分に検討した上で治療計画を立案いたします。

PAGE TOP