1. STEP1

    初診相談(60分)

    まず一番気になるところはどこか、治療に関する心配や疑問点などについてお話を伺います。そして治療例も参考にしていただきながら、矯正治療全般についてお話いたします。御本人の写真を用いて具体的な御説明をいたします。

    また正しい咬み合わせ、口元のさわやかさ、咬み合わせと健康との関わり等についてもお話いたします。資料は御家庭でのお話合いのためお持ち帰りいただきます。

  2. STEP2

    精密検査1(60分前後)

    レントゲン写真(頭部、顎関節)、歯の模型、歯、顔の写真、咬み合わせの検査、気道の状態などの治療計画に必要な資料をとり、コンピューターを用いた分析を行います。顎関節の検査もいたしております。患者さんの状態によっては、歯科用CTを撮影させて頂く場合があります。

  3. STEP3

    精密検査2(60分前後)

    主にお口の中のばい菌検査・汚れの付着状態・唾液性質検査などを行い、現状での患者さんのお口の中の状況を徹底的に分析致します。

  4. STEP4

    診断、治療方針、治療費のお話(60分前後)

    症状の分析結果・診断、そして治療方針・治療計画をインフォームドコンセントに基づいてそれぞれのスタッフが十分にお話いたします。また、矯正治療費のお支払い方法につきましても、ご一括払い・分割払いと幅広く対応しております。各種クレジットカードもご利用頂けます。

  5. STEP5

    矯正治療を開始する前の歯みがき指導(60分前後)

    診断時にお話させて頂いたお口の中の衛生状態の診断結果を基に、実際の改善点を抽出し、矯正歯科専門衛生士より患者さん(保護者の方)にご指導させて頂きます。

  6. STEP6

    矯正治療の開始

    第Ⅰ期矯正歯科治療(主に乳歯列期・混合歯列期)
    悪い歯並びの進行を制御したり、可能な範囲での骨の位置改善(主に出っ歯・受け口など)を行います。多くは取り外し可能な装置を使用することが多いです。
    第Ⅱ期矯正歯科治療(主に永久歯列期)
    上と下の歯が全て永久歯となっている場合、一つ一つの歯にブラケットという装置を装着し、歯を並べていきます。
    部分矯正治療

    虫歯治療や歯を失ってしまった場合に補う治療(被せ物を入れる治療など)を行う前に、歯を起こしたり隙間を確保したりするため、部分的(全体的に装着する場合もあります)に矯正装置を装着し、歯を移動します。

  7. STEP7

    治療保定と定期観察

    矯正治療が終了し、矯正装置を除去後、ただちに歯並びを安定させるための保定装置を使用して頂きます。その後は定期検診に移行致します。

    矯正治療で得られた正常な歯並びを維持するためには、➀保定装置の使用②正しいはみがき③全身の健康管理が必須です。

PAGE TOP